清水南高中等部 表現の授業
 本校には『表現』という授業があります。国語や数学と同じように、授業の中に組み込まれています。
この授業は特別に許可されて行っている授業で、他校にはない本校独自の教科です。
音楽・美術・体育のそれぞれの良さを生かした合科授業です。
南陵祭に向けての各学年の取り組みをご覧ください。
 
中等部1年生
 中等部1年生は入学後の4月、授業で柔軟体操・バーレッスン・ウォーキング・絵コンテづくり等を学びました。
また5月に入ると南陵祭に向けて合唱練習を開始しました。4月に入学したばかりの1年生ですが、日に日に
練習の成果が出てきました。
 
 南陵祭 ♪合唱♪ 『カントリーロード』 と 『明日という大空』
  初めてのステージで緊張していたようですが、自分達の持てる力を十分に発揮しました。
120名による合唱はさすがに迫力があり、美しいハーモニーが会場に響きました。
 
 
 
中等部2年生
 
 南陵祭ステージ発表に向け、4月以降一生懸命授業に取り組みました。
「歌を歌いながら、曲に合わせて踊る」ことは想像以上に難しいことでした。
多目的室の大型ミラーで自分達の姿を確認しながら練習しました。
 練習ではなかなかうまく表現することができず、何度となく壁にぶつかりました。
そのような困難を2年生全員の「絆」で乗り越えたからこそ、本番のステージですばらしい
発表をすることができたと思います。
 
 南陵祭 ♪合唱&表現♪ 『明日に渡れ』
 
 
 
中等部3年生
 
 脚本・演出・照明・小道具・衣装等すべて生徒たちの手作りです。
準備は思うように進まず、南陵祭に間に合うだろうかという不安がよぎったのも事実です。
でも、最後のラストスパートは「さすが3年生」と思えるものでした。
これが「中等部の伝統」だと実感しました。
 
           表現授業(4月)                        表現授業(5月)
 
  南陵祭 ♪ミュージカル♪ 『平成ホームズ』
 
 南陵祭 ♪ミュージカル♪ 『白雪姫』 
 
  南陵祭 ♪ファッションショー♪ 『はだかの王様』 
 
 南陵祭 ♪出演者全員によるエンディング♪  
 
 裏方さんの活躍
  私たちは、どうしてもステージ上の華やかな発表の場面に目を向けがちです。
 しかし、ステージが成功するためには「裏方さん」の存在を忘れてはいけません。
 「裏方さん」は本校の『表現』を陰で支えてくれています。
  そこで、普段皆さんの目に触れることのない裏方さんにスポットを当てて、
 実際どんな活躍をしているか紹介しましょう。
 
  まずは照明です。効果的な演出になるよう工夫しています。
  次は音響です。脚本に合うような音響を考えています。
  映像担当です。効果的な映像アイデアを出し合っています。
  衣装製作です。まずはデザインの原案作り。そして衣装製作。