kyounominamikou
 
南高と南高中等部の出来事を、毎日一枚の写真に切り取って、皆さんに紹介します。
保護者、小中学生、そして地域の皆さん、日ごろは見られない本校の姿をお楽しみください。
また、卒業生の皆さんには、本校で過ごした時間を想い出していただければと思います。
 
今日の南高 >> 記事詳細

2016/04/04

南高の原点

Tweet ThisSend to Facebook | by Web担当

皆さん、この石碑を見たことはありますか?

これは、第1回卒業生が中心となって御穂(みほ)神社境内に建立した記念碑「南陵碑」です。
今から53年前、清水東高等学校南分校としてスタートした本校。なんと当初は校舎もなく、三保小学校(現清水三保第一小学校)の校舎を借りていました。7クラス324名の生徒が一同に会する体育館のような場もありませんでした。そこで、三保小学校に近い御穂神社に許しを得て、この場で毎週朝礼を行っていました。この朝礼は現校舎へ引越しするまでの1年余り続き、1期生にとって思い出深い場所となったのです。

校舎がなくても、高い志を持ち、がんばった先輩達の思いを受け継いでいきたいですね。

 


17:00