学校長ごあいさつ

  本校は、世界文化遺産に登録された三保の松原のある三保半島の付け根に位置し、東に富士を仰ぎみる風光明媚な地に50余年の歴史を持っております。この恵まれた環境を背景に、「富士の如く端正に、橘の如く香り高く」と校訓を掲げ、本校が目指す人間像としております。
 大きな特色は、全国唯一の高校に普通科と芸術科を併せ持つ、中高一貫の公立高校であるということです。中高一貫の特長を活かし、6年間を見据え、生徒の進路目標達成のために個性に合わせた進路指導や学習指導を基本に、きめ細かい指導を行っております。
  一方で、生徒の自主性や自律性を尊重し、心豊かな充実した学校生活が送れるよう、活発な教育活動を工夫し、中等部での「表現」の授業や、中等部・高校両方での海外研修も本校の魅力となっています。生徒は部活動にも積極的に参加し、さまざまな活動に取り組んでおります。
                          今後とも、皆様のご支援をいただきながら積極的にさまざまな活動に取り組み、本校の教
                         育活動をさらに充実させる所存でおります。どうぞご支援をお願いいたします。
                                                                              

平成30年4月 校長 石川芳恵


 
校長室より >> 記事詳細

2017/12/22

守破離

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校長
 二学期終業式に、守破離という考え方について話をしました。これは、元々剣道や茶道などの修行の段階を表す表現であったようですが、学んでいるときも教えているときも使える考え方です。自分の成長を確認するのに役立つと思い、紹介しました。
 教えを守って励み(守)、そこに自分で工夫を加え(破)、最後に自分のスタイルを確立する(離)。どこかで役立ってくれることを願っています。
09:09